このページの先頭です
このページの本文へ移動

Lan, tell us about your cultural experiences! August 2022 Issue

更新日:2022年8月16日

Tieng Viet

The Japanese concept of time

It is well known all over the world that Japanese people are strict with time. There is even the idea that those who are not on time can’t be trusted. In business, the concept of being “on time” is generally interpreted as “5 minutes in advance”. In Vietnam, “on time” literally means “exactly on time”. You can even be forgiven for being 5 minutes late.

In Japan, many people use trains often because the public transportation is highly developed. Before going anywhere, Japanese people always check the departure and arrival times of the train. However, if you miss one train or the train is delayed for some reason, you have no choice but to take that train and all connecting trains, delaying your arrival time more and more. I think that this is probably one of reasons why Japanese people are so strict with time. Thankfully, Japan has punctual world-class trains of which the Japanese can be proud.

Since studying Japanese and working with Japanese people, I have become more aware of time. As I live in Japan and commute by train every day, I especially have to think about what time I should leave the house in the morning to catch the train on time. Sometimes, when the train is delayed and there is nothing that can be done about it, I can’t help but miss the motorbike I used to ride in Vietnam. Even when you oversleep, you can still manage to make it on time by simply speeding up your motorbike. Sometimes, I also feel as if I’m being chased by time when I constantly have to check the time of the train. Do Japanese people ever feel this way as well?

 

日本人の時間概念

日本人は時間に厳しい民族だと、世界中でよく知られています。時間を守らない人は信用できなくなるという観念さえあります。ビジネス業界では、「時間通り」という概念はだいたい「その5分前」だと解釈されています。ベトナムでは、「時間通り」とは、文字通りにその時間ぴったりという意味です。むしろ、5分遅れても許されます。

日本では、公共交通機関が発展していますから、電車などを使う人が多いです。日本人は出かける前に、必ず電車の出発時間と到着時間を確認します。ところが、もし電車に一本乗り遅れたり、電車が何らの原因で遅れたりした場合は、乗り継ぎでも遅い時間の電車に乗るしかなく、到着時間はどんどん遅れてしまいます。たぶん、これは日本人が時間に厳しい理由の一つではないかと私は思います。ありがたいことに、日本の電車も世界に誇れるほど、時間に正確なものです。

私は日本語を勉強して、日本人と働くようになってから、自分もよく時間を意識するようになりました。特に、日本で生活して、毎日電車で通勤すると、朝、家を出る時刻まで考えなければなりません。たまに電車が遅れてしまって、どうしようもない時には、ベトナムでいつも乗っていたバイクが恋しくなってしまいます。うっかり寝坊してしまっても、スピードを出せば、何とか間に合います。また、電車の時間を見て、行動する自分は時々時間に追われているように感じています。日本人の皆さんも同じ気持ちを持っているのでしょうか。


Click to see the full catalogue of Lan's columns コラムの一覧へ

お問い合わせ

経済振興部 国際推進課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-710-2725 FAX:047-363-2653

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

情報が見つからないときは

English(英語)

中文(中国語)

한국 (韓国語)

Tiếng Việt (ベトナム語)

Español (スペイン語)

Português (ポルトガル語)

サブナビゲーションここまで