このページの先頭です
このページの本文へ移動

固定資産税(土地)の評価における造成費用の控除について

更新日:2023年11月27日

 松戸市では、市街化区域農地及び市街化調整区域雑種地を評価する際に「造成費相当額」の控除を行って固定資産税を算出しています。
「造成費相当額」は3年に一度の評価替えごとに見直しを行っております。
 

土地に対する課税

市街化区域農地の評価について

市街化区域内の農地を評価する際に、「造成費相当額」の控除を行って固定資産税を算出しています。なお「造成費相当額」とは、市街化区域農地を宅地に転用する場合において通常必要と考えられる造成費相当額を指します。

市街化調整区域内の雑種地の評価について

 市街化調整区域内の雑種地を評価する際に、その現況及び立地条件から見て付近の土地と同程度の土地にするために通常必要と考えられる造成費相当額の控除を行って固定資産税を算出しています。

造成費相当額(1平方メートル当たり)

盛土高さ

30センチメートル

50センチメートル

70センチメートル

100センチメートル

150センチメートル

200センチメートル

平成30年度 9,900円 12,000円 14,100円 17,300円 22,600円 28,100円
令和3年度 11,600円 14,100円 16,700円 20,500円 27,000円 33,300円

注記:農業用施設用地に係る造成費相当額は盛土高さを30センチメートルとした場合の土盛整地費を基に算出することとし、1平方メートル当たり1,600円とします。

お問い合わせ

財務部 固定資産税課

千葉県松戸市根本387番地の5 新館2階
電話番号:047-366-7323 FAX:047-365-9488

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

情報が見つからないときは

English(英語)

中文(中国語)

한국 (韓国語)

Tiếng Việt (ベトナム語)

Español (スペイン語)

Português (ポルトガル語)

サブナビゲーションここまで