このページの先頭です
このページの本文へ移動

3年ぶり開催「緑と花のフェスティバル2022」

更新日:2022年5月18日

 令和4年4月29日(金曜・祝日)、21世紀の森と広場 つどいの広場で「緑と花のフェスティバル2022」が3年ぶりに開催されました。自然に親しみ、緑の恩恵に感謝し、豊かな心を育むことを目的に行われるこのイベントは、新型コロナの影響で2020年と2021年、中止を余儀なくされましたが、2022年は市民・緑化関係団体・行政が一体となって、草花・植木・野菜の販売、体験ブースの他、飲食物販売、スタンプラリー、ステージイベントなどを行い、およそ3,500人もの人々でにぎわいました。

緑と花のフェスティバル2022のゲート写真

イベントの様子

野菜と花の苗の販売

松戸で収穫された新鮮な野菜や色とりどりな花の苗が販売されていました。
松戸市の農業イメージキャラクターである「みのりちゃん」もかけつけてくれました。

ステージイベント

ステージを使って行われるイベントがあり、開会式前の太鼓演舞は迫力満点でした。

その他体験コーナー

子ども向けに緑や花を使用したさまざまな体験コーナーが設けられました。
手作り楽器の演奏体験や、「トムテ」と呼ばれる木で作られた北欧の守り神を制作できるブースなど、子どもたちが色々な体験をしながらゴールデンウイークの思い出を作っていました。

まつまつ画像

子供も大人も楽しめるイベントが盛り沢山。今年の「緑と花のフェスティバル2022」は大盛況だったね

関連リンク

公益財団法人松戸みどりと花の基金

豊かなみどりを「令和」の先まで「緑と花のフェスティバル2019」

「まつまど」から明るい話題をお届け

お問い合わせ

総合政策部 広報広聴課(広報担当)

千葉県松戸市根本387番地の5 新館5階
電話番号:047-366-7320 FAX:047-362-6162

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

情報が見つからないときは

English(英語)

中文(中国語)

한국 (韓国語)

Tiếng Việt (ベトナム語)

Español (スペイン語)

Português (ポルトガル語)

サブナビゲーションここまで