このページの先頭です
このページの本文へ移動

障害者福祉センターからのお知らせ

更新日:2022年6月23日

ふれあい教室「カローリング」に県立松戸向陽高校ボランティア部が初参加

障害者福祉センター ふれあい教室では、県立松戸向陽高校ボランティア部の皆さんと一緒に「カローリング」を楽しんでいます。
「カローリング」とは、氷上で行う「カーリング」からヒントを得て誕生したインドアスポーツです。
底面にローラーのついたジェットローラーと呼ばれる球を、ポイントゾーンに向けて、床面を滑らせて投球します。
ローラーをすべて投球し終わったときに、最終的に得点計算をして、勝敗を決めます。

参加申し込み方法

ふれあい教室のご案内

教室の様子


さあ!投げるぞ


狙ったところに正確に投球する技術とチームワークが必要です


最後の一投まで勝負がわからないという面白さがあります

令和4年3月25日以降の障害者福祉センターの感染拡大防止対策

まん延防止等重点措置の解除に伴い、令和4年3月25日(金曜)から障害者福祉センターの人数制限を解除いたします。
すべての利用目的について、部屋の定員まで使用可能となります。引き続き感染対策に御協力お願いいたします。詳しくは、障害者福祉センターまでお問い合わせください。

障害者福祉センター

  • TEL:047-383-7111
  • FAX:047-383-7810

使用上の注意

  • 使用者は入館時に手洗い、または消毒液で手指消毒を行ってください。
  • 使用者は常時マスクを着用してください。
  • 使用者同士の間隔を常時1メートル以上空けてください。(座席がある場合は間隔を空け、真正面に座ることを避けてください。)
  • 1時間に5分程度の喚起を2回以上行ってください。(可能であれば常に喚起を行ってください。)
  • 使用した部屋の椅子やテーブル、備品等を使用時間内に消毒・清掃してください。(消毒液・雑巾等は貸し出します。)
  • 万が一、感染が確認された場合に備え、参加者名簿を作成して連絡先等を把握しておいてください。(名簿の提出は不要です。)
  • 10日以内に使用者の中から感染者が発生した場合は、速やかに障害者福祉センターに報告してください。

施設使用用途が「合唱」 「吹奏楽」の場合

  • 使用者同士の間隔を2メートル以上空け、横並びになり行ってください。
  • 飛沫拡散、接触感染には特に注意してください。

施設使用用途が「運動」の場合

喚起を徹底し、適宜CO2モニターを設置して、屋内のCO2モニターにおける二酸化炭素濃度の数値が1,000ppmを超えないように注意してください。

お問い合わせ

福祉長寿部 健康福祉会館

千葉県松戸市五香西3丁目7番地の1
電話番号:047-383-0022 FAX:047-383-5522

本文ここまで