このページの先頭です
このページの本文へ移動

在宅人工呼吸器使用者への非常用電源購入費用補助

更新日:2022年8月1日


在宅で人工呼吸器を使用する方が、災害時などによる停電時にも継続して人工呼吸器を使用できるよう、非常用電源の購入費用の一部を補助します。

申請方法等

対象者

松戸市に住民登録があり、在宅で人工呼吸器を使用している方
※医療機関に入院中の方、障害者施設等に入所中の方、睡眠時無呼吸症候群の方等のCPAPは対象外です

申請できる方

対象となる方ご本人、同居の親族、その他市長が認める者(パートナーシップ宣誓した相手方 など)

対象用品(複数選択可)

正弦波インバーター発電機

  • ガソリン又はガスボンベで作動する正弦波インバーター発電機
  • 定格出力が850VA以上のもの

ポータブル電源(蓄電池)

  • 蓄電機能を有する正弦波交流出力の電源装置
  • 定格出力が300W以上のもの定格容量(単位は[Wh]で表記)とは異なりますのでご注意ください)

DC/ACインバーター

  • 自動車用バッテリー等の直流電源(DC)を 正弦波交流電源(AC)に変換する装置
  • 定格出力が300W以上のもの

その他市長が必要と認める用品

上記用品の使用にあたって必要となる用品(延長ケーブル、ソーラーパネル 等)
※購入用品が補助対象となるか事前にご相談ください

注意事項
  • 疑似正弦波(矩形波、補正正弦波)の製品は補助の対象外です。
  • 購入用品の維持に要する経費(ガソリン、カセットボンベやエンジンオイル等の購入費などを含む点検・整備費などの費用)については、補助の対象外です。
  • 直接、医療機器に繋げて使用すると故障する可能性があるため、外付けの専用バッテリーに充電してから使用するなど対策を講じてください。
  • 当該補助により購入した用品の使用による医療機器の故障については、市は責任を負いかねます。
  • 購入した用品を目的に反して使用、譲渡、交換、貸付け、又は担保に供することはできません。

補助率・補助金額

対象用品の購入金額(税込)の合計額の10分の9、生活保護受給世帯・非課税世帯は10分の10(1円未満切り捨て)と補助上限額10万円を比べて少ない方の金額

購入用品の選定・購入

(1)購入する用品の選定

かかりつけ医などと相談し、災害時の使用を想定して、使用する医療機器の消費電力も踏まえて選定してください。
※選定した用品が補助対象となるかどうか事前に確認することもできますので、健康福祉政策課(047-704-0055)にお問い合わせください

(2)用品の購入

(1)で決めた用品を購入してください。補助金の申請に領収書が必要になるので必ずご用意ください。領収書の宛名は補助金の申請者名としてください。

手続きの方法

(1)申請方法

  • 原則郵送申請です(郵送での対応が困難な場合はご相談ください)。
  • 申請に必要な書類を添えて、以下郵送先までご郵送ください。
  • 消印日が申請受付日となります。
  • 申請締め切りは、購入日の属する年度の末日となります。
郵送先

〒271-8588(松戸市役所の個別郵便番号のため、住所の記載は不要です)
松戸市健康福祉政策課宛て

申請に必要な書類
  1. 松戸市在宅人工呼吸器使用者非常用電源購入補助金交付申請書(第1号様式)(Word:18KB)
  2. 宣誓書兼個人情報利用同意書(第2号様式)(Word:16KB)
  3. 領収書(申請書氏名・金額・購入日・商品名・品番・販売店が分かるもの)※写し可
  4. 診療報酬明細書(人工呼吸指導管理料が明記されているもの)※写し可
  5. 本人以外が申請する場合:本人との関係を証明できるもの(住民票、戸籍謄本など)
    成年後見人が申請する場合:成年後見人であることを証明できるもの(登記事項証明書など)
  6. 松戸市在宅人工呼吸器使用者非常用電源購入補助金交付請求書(第4号様式)(Word:17KB)※振込口座は、申請者名義のもの

(2)補助の決定・支払い

  • 補助が決定した場合は、交付決定通知書をお送りします。
  • その後、補助金のお支払い手続きを行います。

よくある質問

Q1 すでに購入している用品も対象ですか?いつからの購入費用が対象になりますか?

A すでに購入している用品であっても、申請する年度内に購入した用品であれば対象になります。

Q2 送料も含めて対象になりますか?

A 対象用品を購入するために必要な送料は対象になります。

Q3 補助対象に“市長が認める用品”とありますが、喀痰吸引器や蓄電池用のソーラーパネルは該当しますか?

A 人工呼吸器の電源を確保するための用品としているため、蓄電池用のソーラーパネルや発電機と人工呼吸器をつなげるために必要な延長ケーブルなどが該当します。喀痰吸引器は補助の対象になりません。

Q4 追加購入した場合など、何度も申請できますか?来年度も購入したら申請可能ですか?

A 年度内の申請は一回のみになります。なお、一度申請してから5年間は再度の申請ができません。

Q5 購入レシートでも申請できますか?レシートに対象外の費用が混じっていてもかまいませんか?

A レシートは不可です。領収書をご用意ください。また、対象用品のみの領収書をご用意ください。

Q6  ネット購入しましたが、領収書はプリントアウトしたものでもよいですか?

A ネット購入した用品も補助対象となります。必要項目(申請者氏名、金額、購入日、商品名、品番、販売店名)が記載されている領収書であれば、プリントアウトしたものでも申請可能です。

Q7 家にプリンターがありません。申請書を入手できる場所はありますか?

A 下記の施設に申請書類をご用意しております。

Q8 非課税世帯とはいつ時点ですか?また、非課税世帯かわかりません。どうしたらいいですか?

A 申請日時点の課税状況になります。課税状況は課税通知書または住民税証明書(申請手続きにより発行)で確認することができます。

動作確認について

災害はいつ起きるか分かりません。
災害時にも非常用電源を確実に使用できるよう、購入した非常用電源を使って人工呼吸器を動かせるかどうか確認しましょう。
動作確認を行う前には、かかりつけ医や担当の訪問看護師などに一度相談しましょう。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイト)

お問い合わせ

健康福祉部 健康福祉政策課

千葉県松戸市根本387番地の5 本館3階
電話番号:047-704-0055 FAX:047-704-0251

本文ここまで