このページの先頭です
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

記念講演会「プリンス・トクガワの屋敷~徳川昭武が残した文化財」

更新日:2014年10月15日

※終了しました

徳川昭武は、明治維新の前年、1867年に将軍名代としてパリ万博に派遣され、訪問先のイギリスで次期将軍の有力候補「プリンス・トクガワ」と新聞に紹介されました。しかし、彼の人生は明治維新により大きく変わります。政治の表舞台から去った彼は、明治16年、29歳の時に隠居、翌年に落成させたのが戸定邸です。
 彼の足跡を辿りながら、国指定重要文化財になっている戸定邸130年の歴史、庭園や樹木、高台からの眺望と一体となった屋敷の魅力をお話しします。

概要

日時

平成26年10月11日(土曜) 18時30分から20時

場所

市民会館 301会議室

内容

  1. プリンス・トクガワ 1867年パリ万国博覧会と昭武
  2. 大能牧復牧と戸定邸建設
  3. 戸定邸落成と庭園造園着手
  4. 樹木への愛 巨木と銘木
  5. 戸定邸の魅力と未来

講師

戸定歴史館学芸員

費用

無料

※要申込  同館へ電話(047-362-2050)でお申し込みください。

お問い合わせ

生涯学習部 文化財保存活用課 戸定歴史館

千葉県松戸市松戸714番地の1
電話番号:047-362-2050 FAX:047-361-0056

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

情報が見つからないときは

English(英語)

中文(中国語)

한국 (韓国語)

Tiếng Việt (ベトナム語)

Español (スペイン語)

Português (ポルトガル語)

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。