このページの先頭です
このページの本文へ移動

夢の教室について

更新日:2022年4月1日

「夢の教室」の概要

「夢の教室」は、オリンピック出場経験のあるスポーツ選手、現役サッカー選手をはじめ様々な種目で活躍するアスリート、そのOBやOGらを「夢先生」として学校に迎え、「夢を持つことの大切さ」「仲間と協力することの大切さ」をゲームやトークを通じて子どもたちに伝えていきます。
松戸市ではこの取り組みを「JFA(日本サッカー協会)こころのプロジェクト」の協力を受けて実施しています。

  • 小学校5年生を主な対象としてクラス単位で、夢先生と子どもたち一人ひとりとができる限り、触れ合う機会をつくります。
  • 原則として、小学校の正規の授業2コマを利用して行います。
  • 前半は、「ゲームの時間(35分)」。体育館で、体を動かしながら、グループで一つの目的を達成するゲームや競争を通じて、目的のために協力すること、相手を思いやるこころやフェアプレー精神を、実技の中で気付いてもらいます。
  • 後半は、「トークの時間(55分)」。教室で、夢先生が「夢曲線」を使って、これまでの体験を話し、児童とともに夢について語り合います。
  • 児童が「夢の教室」所定の"夢シート"(自分の夢とその夢のためにできること、授業の感想や夢先生へのメッセージなど)に記入すると、後日、夢先生から児童ひとりひとりに返事が届けられます。

夢先生の紹介

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。夢先生の紹介

外部サイト(公財)日本サッカー協会ホームページへのリンクです

お問い合わせ

生涯学習部 スポーツ課

千葉県松戸市根本356番地 京葉ガスF松戸ビル6階
電話番号:047-703-0601 FAX:047-366-7475

本文ここまで