このページの先頭です
このページの本文へ移動

令和2年度「夢の教室」実施状況について

更新日:2022年4月1日

 本市は、「松戸市2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた大会と成功とやさシティおもてなシティ推進のための基本方針」に基づいた取組みを進めており、令和2年度は「夢の教室」を市立公立小学校45校121クラスで実施しました。今年度は新型コロナウイルス感染症拡大予防の観点からリモートでの実施となりました。
 

トップアスリートに学ぶ「夢の教室」

松戸市で授業を行ってくれた「夢先生」の一部を紹介します。

10月16日実施 六実第三小学校

「夢先生」花岡 伸和(はなおか のぶかず)さんのプロフィール(陸上四肢障がい中距離・車いすマラソン)
大阪府出身。高校3年時にバイク事故で脊髄を損傷し、車いす生活となりました。その翌年に車いす陸上競技と出合い、競技を開始すると、2002年に1500mとマラソンで当時の日本記録を樹立。2003年にはIAAF世界陸上競技選手権大会の1500mで7位入賞しました。2004年にはアテネパラリンピックマラソンで日本人最高位となる6位入賞を果たし、2010年のアジアパラゲームス1500mでは銅メダルを獲得。2012年のロンドンパラリンピックでは、マラソンで5位入賞を果たしました。同年に陸上を引退し、2013年にハンドサイクリングに転向。現在は選手として活動する傍ら、一般社団法人日本パラ陸上競技連盟と特定非営利活動法人関東パラ陸上競技協会の副理事長を務めています。

11月4日実施 八ケ崎第二小学校

「夢先生」石野 枝里子(いしの えりこ)さんのプロフィール(スケート)
北海道出身。スケートの名門・白樺学園高校時代に、全国高等学校スケート選手権大会スピード競技1500mと3000mで3連覇、全日本ジュニアスピードスケート選手権大会でも5年連続総合優勝を果たしました。世界ジュニアスピードスケート選手権大会でも総合優勝を達成。高校卒業後は、全日本スピードスケート選手権大会でも3度の総合優勝に輝き、全日本スピードスケート距離別選手権大会では1500mで優勝、3000mでは2度頂点に立ちました。2006年にはトリノオリンピックに出場。4種目に出場し、チームパシュートで4位入賞を果たしました。また、2011年のワールドカップ5000mで日本記録を樹立。現在も同記録を保持しています。2014年に現役を引退し、現在は(公財)日本オリンピック委員会(JOC)が進めるNTC(ナショナルトレーニングセンター)活用事業の拠点ネットワーク推進事業で活動しています。

1月14日実施 牧野原小学校

「夢先生」佐藤 久佳(さとう ひさよし)さんのプロフィール(水泳)
北海道出身。3歳で水泳を始め、中学3年時に全国中学校体育大会の水泳200m個人メドレーで準優勝。高校3年時には、インターハイで200m個人メドレー優勝、ジュニアオリンピックでは200m個人メドレーと100m自由形で優勝を果たしました。100m自由形では日本高校記録を樹立し、これを機に自由形に転向。2005年には日本学生選手権の100m自由形で優勝、日本記録を樹立しました。同年の世界選手権にも出場。2007年には日本選手権で日本記録更新、日本学生選手権ではアジア新記録を樹立しました。同年の世界競泳では400mメドレーリレーで金メダルを獲得。翌2008年には日本選手権で優勝、北京オリンピックでは400mメドレーリレーで銅メダルを獲得しました。2014年6月に現役を引退し、現在は水泳指導などを行なっています。

お問い合わせ

生涯学習部 スポーツ課

千葉県松戸市根本356番地 京葉ガスF松戸ビル6階
電話番号:047-703-0601 FAX:047-366-7475

本文ここまで