このページの先頭です
このページの本文へ移動

保険証(国民健康保険被保険者証)

更新日:2022年8月23日

保険証(国民健康保険被保険者証)のご案内

被保険者証の有効期限

現在の被保険者証の有効期限は令和5年7月31日ですが、以下に該当する場合は被保険者証の記載内容や有効期限が異なりますのでご注意ください(国民健康保険料の滞納がある場合は有効期間が短くなることがあります)。

令和5年7月1日までに70歳の誕生日を迎える人

被保険者証の有効期限は、誕生月の月末(誕生日が1日の場合はその前月末)までとなります。
誕生日の翌月(誕生日が1日の場合はその月)以降の高齢受給者証を兼ねた被保険者証を、有効期限の前に国保年金課(国民健康保険担当)から送付します。

令和5年7月31日までに75歳の誕生日を迎える人

被保険者証の有効期限は、誕生日の前日となります。
誕生日以降は後期高齢者医療被保険者証をお使いください(被保険者証は、75歳の誕生日の前日までに送付されます)。

ジェネリック医薬品希望カード

ジェネリック医薬品とは、低価格で安全性は新薬と同等と認められている後発医薬品のことです。
ジェネリック医薬品を選択することで薬代を節約することができます。
ただし、全ての治療薬にジェネリック医薬品があるわけではないため、ジェネリック医薬品を希望する場合は、医師や薬剤師にご相談ください。
被保険者証台紙にジェネリック医薬品希望カードを印刷しておりますので、点線部分で切り取ってご利用ください。
また、台紙の裏面のシールを切り取り、被保険者証の空いている箇所に貼ってご利用ください。

発送されたジェネリックカードの見本

臓器提供意思表示

  • 臓器移植は病気や事故によって臓器(心臓や肝臓など)が機能しなくなった場合に、他の方の健康な臓器を移植して、機能を回復させる医療です。
    しかし、移植医療においては臓器の提供が少なく、多くの人が移植を待ちながら亡くなられています。
  • 臓器の移植に関する法律の改正に伴い、移植医療に関する啓発の一環として、被保険者証の裏面に臓器提供の意思表示欄を設けました(記入は任意です)。
  • 臓器提供に関する意思を表示される場合は、被保険者証の裏面の1から3までのいずれかの番号を丸で囲んでください。
    また、提供したくない臓器があればその臓器にバツ印をつけてください。
  • 「特記欄」は、臓器提供の意思がある人で、皮膚、心臓弁、血管、骨などの組織も提供してもよい場合は、「すべて」あるいは「皮膚」等から選んで記入できます。
    また、親族への優先提供を希望される場合は、親族への優先提供が行われる場合の注意事項等をご理解の上、「親族優先」と記入できます。
  • 詳細は(公社)日本臓器移植ネットワーク(電話:0120-78-1069)にお問い合わせください。
  • 被保険者証台紙の裏面に、意思表示欄を隠すシールを添付しています。
    意思表示した内容について他人に知られたくない場合は、シールを被保険者証の裏面に貼ってください。

被保険証の裏面の臓器提供意思表示欄の見本

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(公社)日本臓器移植ネットワーク(外部サイト)

お問い合わせ

福祉長寿部 国保年金課

千葉県松戸市根本387番地の5 本館1階
電話番号:047-712-0141(国民健康保険コールセンター) FAX:047-361-7016

本文ここまで