このページの先頭です
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
松戸市立総合医療センター Matsudo City General Hospital

〒270-2296 千葉県松戸市千駄堀993番地の1

電話:047-712-2511

FAX:047-712-2512


世界骨粗鬆症デーの啓発活動で病院をライトアップ

更新日:2022年10月21日

世界で毎年890万人の方に大腿骨骨折が発生しています。
10月20日は国際骨粗鬆症財団(IOF)と世界保健機構(WHO)により世界骨粗鬆症デーに制定されています。当院でも10月20日(木曜)16時頃から病院正面玄関前壁をブルーにライトアップし、骨の健康を守るための啓発活動に参加します。

ライトアップ場所

総合医療センター正面入口前

ライトアップ日時

2022年10月20日(木曜)16時頃から24時頃まで 
 

ライトアップされた総合医療センターの写真 2022年

世界骨粗鬆症デーとは 

 世界骨粗鬆症デー(WOD)は、1998年に国際骨粗鬆症財団(IOF・本部スイス)と世界保健機構(WHO)が共同により骨粗鬆症と骨代謝障害の啓発を目的として制定されました。
「世界中から骨粗鬆症による骨折をなくす」ことを目標に世界規模でキャンペーンを展開しています。
 
 

当院のリエゾンチームについて

 骨折は骨粗鬆症によって骨が脆くなるためにおこる合併症と言われています。
 骨粗鬆症リエゾンサービスチームは、骨折で入院した患者さんが再度骨折しないように、骨粗鬆症の予防と治療を目的として活動しています。医師を中心とし、全身状態の評価、薬物治療の検討、転倒予防指導、栄養指導といった内容を軸に多職種が介入しています。
 現在は主に入院の患者さんに介入して活動していますが、今後は退院後のフォローと他院との連携を図ることも踏まえて、院内での活動をより進めてまいります。
 

お問い合わせ

松戸市立総合医療センター

千葉県松戸市千駄堀993番地の1
電話番号:047-712-2511 FAX:047-712-2512

本文ここまで

サブナビゲーションここから

その他

  • 世界骨粗鬆症デーの啓発活動で病院をライトアップ

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

よくある質問FAQ

サブナビゲーションここまで